【体験談】子宮卵管造影検査は痛い?費用は?どのくらいで妊娠した?

子宮卵管造影検査は痛い? 子育て&ベビー

不妊治療の検査のひとつである子宮卵管造影検査。

子宮卵管造影検査は、女性の卵管異常の通過性を確認できることから不妊治療をしている方の多くが受ける検査ですが、「痛い」ことでも有名ですよね。

絶叫してしまった人や、泣いてしまった人も珍しくありません。

筆者も過去に子宮卵管造影検査を受けましたので、今回は

・子宮卵管造影検査は痛い?検査の流れ
・子宮卵管造影検査にかかった費用は?
・子宮卵管造影検査後どれくらいで妊娠した?

についてまとめています。

妊活中の男性にもぜひ知っておいてほしい知識ですよ!

※今回紹介しているのは、個人の体験談です。検査の流れや費用など、病院によって異なります。

子宮卵管造影検査は痛い?検査の流れ

”痛い検査であると覚悟して子宮卵管造影検査を受けた筆者でしたが、思っていたほどの大きな痛みはありませんでした。

しかし、検査中びっくりするくらい気分が悪くなりました。

検査を中止してもらおうかと思ったほどです。

子宮卵管造影検査を受けた日の流れや筆者の感想をご紹介します!

子宮卵管造影検査は何をするの?

子宮卵管造影検査は、その名前の通り卵管に造影剤を注入して卵管の詰まりや子宮に異常性が無いかを確認する検査です。

筆者が通っていた病院では平日午後のみ検査可能でしたので、会社を早退して挑みました。

検査当日はスカートで来るように言われていたので、長めのスカートで来院しました。

用意が終わるとレントゲン台に寝るように指示され、あっという間に検査開始。

洗浄し、造影剤を通すためのチューブを入れる処置が始まりました。

この時点での痛みや気持ち悪さはありませんでした。

造影剤を入れるので力を抜くように言われ、「ここから痛みが来るのか!」と覚悟をした瞬間めまいのような気持ちの悪さに襲われました。

気持ちが悪いのに吐けない不思議な感覚でした。

造影剤を入れ終えたら、卵管の通りを見るために10分ほど時間を置きます。

気持ちの悪さに10分間耐え、もう検査を中止してもらおうかな……と考えだしたところで検査が終了しました。

造影剤を抜いてもらうと気持ちの悪さはマシになりましたが、検査後はしばらく休憩が必要でした。

検査の結果”両側の卵管がどちらも通っているとのことでひと安心。

筆者は検査終了後も1日中、軽い生理痛くらいの鈍痛がありました。

子宮卵管造影検査に備えてやったほうが良いこと

子宮卵管造影検査の日に気を付けることや、検査に備えてやったほうが良いことをまとめてみました。

  • 検査当日はスカートで行く
  • リラックスして力を抜く
  • 検査中、他のことを考える
  • 検査後の予定はできるだけ入れない
  • 来てもらえるなら迎えを頼む

産婦人科を受診する際はスカートで行くという方も多いと思いますが、子宮卵管造影検査の場合もスカートがおすすめです。

病院から指定される場合もあります!

検査の痛みを少しでも抑えるコツとして、リラックスして力を抜く・晩御飯のメニューなど他のことを考えてできるだけ下半身を意識しないなどが挙げられます。

また、筆者の場合は検査後も気持ちの悪さや鈍痛が続いていたので、できるだけ検査後は予定をいれないようにしたり、可能であれば誰かに迎えに来てもらうのも良いでしょう。

子宮卵管造影検査にかかった費用は?

筆者の場合、子宮卵管造影検査にかかった費用は12000円でした。

不妊治療が保険適用になる前の話です。

15分~20分ほどの検査に12000円なので、決して安くはないですよね。

子宮卵管造影検査後、いつ妊娠した?

筆者は子宮卵管造影検査後、3周期目で妊娠しました。

子宮卵管造影検査を受けると、卵管の通りがよくなるので妊娠の確立があがると言われています。

妊活中の方は”ゴールデン期間”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

筆者も子宮卵管造影検査を受けた直後の周期からすごく期待をしていましたが、残念ながら2周期は授かることができませんでした。

子宮卵管造影検査は痛い?まとめ

今回は妊活中に行う検査のひとつである子宮卵管造影検査の体験談をまとめてみました。

子宮卵管造影検査で気分が悪くなることもある
子宮卵管造影検査にかかった費用は12000円
子宮卵管造影検査から妊娠まで3周期かかった

※あくまで筆者の場合です。

気分が悪くなってしまったり、検査後も腹部の鈍痛が続いたり体調への影響はありましたが、筆者は子宮卵管造影検査を受けて良かったと思っています。

卵管の詰まりの有無もわかりますし、ゴールデン期間もゲットできました!

タイトルとURLをコピーしました